46歳なんだけど、人生考え直してみた

46歳から人生を見つめ直して考え行動していくブログです。

「キミアキ先生の企業酔話」から学ぶ

第二回目となります。よろしくお願いします。

では実際どのように行動に移していこうか調べたり考えたりしました。

その際に参考にしたのは、youtuberに「キミアキ先生の起業酔話」というチャンネルを運営しているキミアキ先生というかたがいる。

この方は「おっさんyoutuber」として約5年前からyoutubeに可能性を感じ、今現在チャンネル登録者数71000人を超える成功者だ。(本業は会計事務所の社長)

その中の動画に「社会の底辺から抜け出したいなら、なんでもいいから本を読みまくれ!」というようなセリフがあったのを思い出し、まずこれを実行していこうと思いました。

何から手を付けていいかわからない私にとっては、非常に助かる言葉だ。

私は本というものに今まで全くと言ってもいいぐらい興味がなく触れて来なかった。

せいぜいマンガ本を読んだくらいである。

情けない・・・・これじゃあ社会の底辺層に徐々に追いやられて当たり前だ・・・

(マンガの中にも非常に勉強になるものもあるのでバカにはできないし、著者は私より努力家であるし成功者でもある。決してマンガを卑下しているわけではない。)

だからなんでもいいから手当たり次第本を読んで情報を頭の中に叩き込むようにしてみよう。

とりあえず「ブックオフ」に出かけ、気になる題名の本を何冊か買って読む習慣を作ることに専念してみた。

これが2019年1月から始めたことだ。現在3月になっているが月間約20冊を目標に爆読みしている。

冷静に考えると月間20冊の本を読んでいる人と全く読んでない人とどちらが将来裕福になる確率が高いかと言えば答えは明確だ。

もっと早く気が付いてたら・・・今頃人生勝ち組に入れていたかもしれなかった・・・

無知すぎる・・・後悔・・・いまさらもう遅いかな・・・でもなんとか変わらなきゃいけない。

いろいろ読んでいると徐々に自分の求めている情報や、著者に巡り合えるようになってきた。

今、気に入ってる著者は「ジョセフ・マーフィー」・「ジェームス・スキナー」・

神田昌典」・「本田健」の4人である。有名処のロバート・キヨサキ著「金持ち父さん・貧乏父さん」シリーズも、とても勉強になった。もっと早く巡り合えれば良かったと後悔している。

最初は「ブックオフ」に片道30分かけて通っていたが、本を探す時間と往復1時間がもったいないと感じ、最近は「ブックオフ オンライン」でインターネット注文して自宅に配達してもらうようにした。

本を買うお金もバカにならないし、読み終わった本の収納スペースにも困るようになってきたので、市立図書館を利用するようにし、借りられるものは借りて読むようにした。この場合もインターネット予約が出来、探す手間が大幅に少なくなり、実に快適である。無知であることの不利益を実感している今日この頃である。

時代の変化が速すぎて、インターネットスキルに追いついて行けなくなっている現状もなんとかしなくてはいけない。

今はこのブログを書くことによってタイピングのスキルを向上させようと、日々指がつりそうだが頑張っている。

現在もパソコンを全く必要としないアナログな仕事をしているので、この1記事を書くのに何時間も費やしているのが現状だ。

普段からパソコンを使っている人から見れば「あきらめた方がいいんじゃない。」と言われるレベルの遅さだと思う。

でも、あきらめずやり続ければ、何かしらの希望が見えてくると信じてやるしかないと考えている。

やるのとやらないのでは後で大きな縮められない差になってくることは嫌というほど経験している。

先は全く見えないがとにかく頑張って行くことにしているので、もしこれを読まれた方がいれば、アドバイス、感想など頂けたらありがたく思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました。