46歳なんだけど、人生考え直してみた

46歳から人生を見つめ直して考え行動していくブログです。

投資資金が少なくても始められる必読本「3000円投資生活」

ケース❶

夫(52歳 会社員)年収650万円➔550万円

妻(50歳 派遣社員)/長男(大学1年生)

会社の業績悪化で100万円年収ダウン。息子の大学初年度の学費を支払ったら貯蓄がゼロに!

このままでは、老後破産まっしぐら。なんとかお金を貯めたい!

貯蓄0円➡3000円投資生活を始めて8年で1070万円

ケース❷

夫(46歳 会社員)年収530万円

妻(44歳 パート)年収120万円/長男(中学一年生)・次男(小学5年生)

子供の教育費などで毎月の収入はなくなり、貯蓄が増えていかない。

長男が大学入学までに、なんとか貯蓄額を700万円にしたい!

貯蓄370万円➡3000円投資を始めて6年で700万円

ケース❸

夫(50歳 会社員)年収730万円

妻(50歳 専業主婦)/長女(大学2年生)

退職金はでるものの、老後資金が心配。長女の学費240万円もこれから支払う予定。

家のリフォーム代と老後資金を併せて、2000万円を貯めたい!

貯蓄640万円3000円投資を始めて10年2000万円

ケース❹

夫(35歳 会社員)年収610万円

妻(36歳 育児休暇中)/長女・次女(共に8か月)

マイホームを持ちたいが、資金が無い。住宅ローンを組んでも返済可能なのか、将来が不安。子供が小学生になる前には、頭金を700万円貯めたい。

貯蓄300万円➡3000円投資を始めて5年で700万円

ケース❺

夫(41歳 会社員)年収560万円

妻(44歳 会社員)年収450万円/長女(小学2年生)・長男(5歳)

夫婦でやっと1000万円を貯めたのに、貯金してもお金は増えない。

定期貯金も意味があるのか分からない。リスクの高い投資はしたくない。

貯蓄1250万円➡3000円投資生活を始めて10年で2321万円

   (3000円投資生活 横山光昭著より引用)

 

こんにちは(*^_^*)

今回は「はじめての人のための3000円投資生活」 横山光昭著を読みましたのでまとめてみました。

著者である横山光昭さんは「家計再生コンサルタント」で1万人以上の家計に関する相談を引き受けておられ、相談に来られた約4000人の方が「横山式投資法」で成功を収めています。(上記一例参照)

この本は、「貯金はコツコツしているが、思うように増えていかない」、「投資に興味があるけど、情報が多過ぎて何から始めていいかわからない」、「将来にお金の不安がある」、「お金の勉強をしたいが、忙しくて時間が無い」などお金に関してもう一歩まえに進みたいという方に向いています。

それでは早速まとめていきます。

 

f:id:masaya-9890:20190623135012p:plain


3000円投資法とは?

「貯金をしながら、月々3000円という無理のない金額で同時に投資も行う」というものです。

「たった3000円でいいの?」という声が聞こえてきそうですが、この方法では時間を利用にして複利でお金を増やしていこうとするので、貯金と投資を同時にスタートさせます。

毎月3000円という少額でも「投資」を実際に始めているのと始めていないのでは10年、20年という長い年月でみたとき、大きな差になります。

「投資」を今までしたことがないという方は複利の効果」を知らないまま、自分の持っているお金を「銀行貯金」という選択をしてしまいます。

でも、知っていなくて当然です。

私達は誰からも複利について教わってはいません。

学校はもちろん、知人、家族、少なくとも私は聞いた事がありませんでした。

これは、日本人の「お金」に対しての考え方が原因であるとおもいます。

お金の話をするのは「いやらしい」と思われたり、感じたりする感覚があったり、どこか「秘密にしておきたい」、「あまり触れられたくない」などの思いがあり、知人、家族などで積極的に「お金」の話をしないようにしている風潮があります。

しかし、他人より一歩前に出るため、しっかりと学んでいきましょう。

複利の効果とは?

f:id:masaya-9890:20190626142033p:plain


「人類最大の発明は複利
であると、天才物理学者で有名なアルベルト・アインシュタインもいっています。

それほど重要なことなのに、誰も教えてくれていないなんておかしな世の中ですね。

ここではわかりやすくするために、100万円を複利で運用した場合の簡単な表でまとめてみました。

100万円を年利5%の複利で運用した場合

f:id:masaya-9890:20190622221207p:plain

元本100万円が10年後には162万2,895円と62万2895円何もしなくても増えたことになります。

これが複利の効果です。

もしも元金1000万円ならば10年後に、622万8950円と高級車が買えるくらいの金額が増えることになり、お金持ちはさらにお金持ちになるわけがここで理解できると思います。

自分に見合った条件で複利の計算をしたいという方は楽天証券の積み立て簡単シュミレーションで簡単に調べることができますので利用してみて下さい。
www.rakuten-sec.co.jp

 

ちなみに2019年6月現在大手M銀行の10年定期預金の金利は0.01%です。

元金100万円を10年間の定期預金に預けると10年後にはたった1000円の利息が付くだけで100万1000円にしかなりません。(税引き前)

これではいつまでたってもお金は貯まりませんし、未来への希望も薄れていくことになると思います。

残念なことに世の中のほとんどの方が安全?といわれる定期貯金を選択して、将来のお金に不安をもっているといえるでしょう。

さあ!月々3000円投資生活をはじめてみよう

f:id:masaya-9890:20190623134719p:plain


①ネット証券で口座を開設する。

ネット証券なら、自宅で手軽に口座開設の申し込みをする事が出来て、手数料が安く、取り扱い商品が豊富なのが魅力です。

月々500~1000円の積み立てで買える商品も多く、少ない元手で投資を始めることができて、3000円投資生活向きです。

この本でおすすめしているのが

  • SBI証券:商品が豊富で、売買手数料が全体的に安く、ネット証券の中では口座数が最も多い。夜間取引ができる。
  • 楽天証券楽天銀行の口座と連携させれば、さまざまなメリットがあり、楽天市場などで使えるポイントももらえる。
  • マネックス証券:30万円以下の取引なら、SBI証券や楽天証券よりも売買手数料が安いが、30万円を超えると、高くなる。
  • カブドットコム証券:一般口座であれば、即日口座開設が可能。経営母体が三菱UFJファイナンシャルグループなので安心感がある。
( 3000円投資生活より引用)

  上記の4社であれば、信頼度が高く どこで口座を開いても構いませんが、この書ですすめる商品を取り扱ってない証券会社がありますので、この書の指南通とおりに実践したいという方は、SBI楽天マネックスから口座開設をしてください。

私が口座開設をしたのは2019年3月頃になりますが、パソコンスキルがないので郵送での手続きを選んだため、口座開設から入金までに3か月くらいかかりました。

パソコンスキルに自信が無いという方は、口座開設をするだけでは料金が発生しませんので、とりあえず自分の口座を早めに準備したほうがいいとおもいます。

早く始めたいのに、3か月も待たされると気持ちが折れそうになり、「自分には無理だ」とここで挫折しそうになりましたので、初心者の方はがんばって、なんとかのりきってください。

②ホームページにログインしよう。

手続きが完了すると、IDとパスワードが発行され入金が確認されるといよいよ取引を開始することができます。

口座開設の申し込みの際には、

特定口座にするか一般口座にするか。

特定口座を開設する場合、源泉徴収をありにするか、なしにするか。

を選択しなければいけません。

ちょっと耳なれない言葉でとまどうかもしれませんが、この書では

源泉徴収なしの特定口座をすすめています。

 

 投資によって年間20万円以上の利益を出すと、確定申告をし、税金を納めることになりますが、その際に、年間の売買履歴や損益を計算した「年間取引報告書」という書類が必要になります。

証券会社がその報告書を作成してくれるのが「特別口座」

自分で報告書を作成するのが「一般口座」になります。

特定口座にしておくと、確定申告をする必要にになったとき、証券会社におまかせできるので初心者も安心というわけです。

 

そして「源泉徴収あり」、「源泉徴収なし」の違いは

源泉徴収あり:必要な手続きを証券会社が代行してくれるので、確定申告の必要なし。

源泉徴収なし:必要な手続き(確定申告)を自分で行う。

   (3000円投資生活より引用)

一見「源泉徴収あり 」のほうが、証券会社に確定申告を任せられるので便利に見えますが、年間利益が20万円以下の場合でも、利益が発生すると約20%の税金が自動的に徴収されるので、3000円投資の場合は利益は微々たるものなので20万円の利益に達しないので、ここでは源泉徴収なしの 特定口座」をすすめています。

ただし

  • 20万円以上の利益を想定している方で、確定申告をするのが面倒な方。
  • 配偶者控除」や「扶養控除」の適用を受けている主婦や学生で、その年の投資による利益が38万円を超えそうな方。

これらに当てはまるかたは、源泉徴収ありの特定口座」を推奨しています。

 

③「バランス型の投資信託」を選ぼう

初めて投資をするかたは、ここで「何を買ったらいいかわからない」と悩むとこです。

この書では「バランス型投資信託をすすめています。

「バランス型の投資信託」といってもたくさんの商品がありますが、著者の横山さんが推奨しているのが下記の2種類になります。

№1「世界経済インデックスファンド」(三井住友トラスト・アセットマネジメント)

これ一つで、世界の株式と債券に投資ができ、手数料(信託報酬)が安いバランス型投信

№2「eMAXIS バランス 8資産均等型」(三菱UFJ国際投信)

8資産均等型で、株式、債券のほかに、REITも含まれるバランス型投信

 

「 世界経済インデックスファンド」

【基準価額、純資産総額チャート】

f:id:masaya-9890:20190623185935p:plain


(三井住友トラスト・アセットマネージメント ホームページより出典)

 

参考までに「世界経済インデックスファンド」の過去10年間の運用成績を調べてみました。

2009年1月26日の基準価額が9.572円そして直近の2019年6月10日には22.098円と約10年で倍以上の運用成績になっている優秀な投資信託です。

 

eMAXIS バランス8資産均等型」

【 基準価額、純資産総額チャート】

f:id:masaya-9890:20190624155515p:plain

(三菱UFJ国際投信ホームページより出典) 

こちらも約8年で2倍の基準価額となっており、優秀な運用成績をおさめています。

 

 ④実際に「バランス型投資信託」を購入してみよう。

この商品のどちらかを選んで、購入する際には「積立」で買うことを選択し、「目論見書」を閲覧してください。

「目論見書」には、その商品の特色や、リスク、運用実績、手数料などが記載されていますので、確認して下さい。

 

「目論見書」を閲覧し終わると「積立金額」「決済方法」「分配金コース」を設定します。

  • 積立金額:3000円/月
  • 決済方法:月々の購入金額の引き落とし日(何日でもよい)
  • 分配金コース:再投資型

 で入力してください。

これで「月々3000円ずつ積み立て、バランス型の投資信託を買う」仕組みができあがり、スタートします。

あとは入金さえ忘れなければ、基本的に自動で運用してくれますので、ほったらかしにしておいても大丈夫です。

これで「投資家」としての人生の始まりです。

まとめ

早く始めれば、始めるほど有利になりますので、迷ってる時間がもったいないから、3000円という無理のない少額からさっさとスタートさせましょう。

10年、20年と非常に時間がかかる投資法ですが、確実に右肩上がりに元本が増えていき、初心者には最適の投資法といえます。

f:id:masaya-9890:20190626201702p:plain

また、実際に「投資」を始めたことにより、株価をチェックしたり、投資の情報などにも敏感になり、ますます「投資」に関する知識が深まり「お金」に対する見方が良い方向に変化していくとおもいます。

長期に渡る運用になりますので、時には暴落などの時期もあるとはおもいますが、あせったりせず冷静に積み立てを続けて下さい。

短期でみれば含み損を抱えてしまいますが、長期で見れば必ず右肩上がりに 回復していくのは歴史が証明しています。

3000円投資に慣れて資金に余裕が出来てきたら、無理のない範囲で投資額を増やしていき、さらに大きなリターンを目指してください。

みなさんの人生が、金銭的、精神的により豊かになることは間違いありません。

 

さらにこの書では「お金が貯められる人がやっている、お金が貯まる生活習慣」「絶対にやってはいけない、投資とお金の使い方」「一万人の家計を見てきてわかった、投資の分かれ道」などもわかりやすく解説されているので、気になる方は実際に本を購入して読んでみて下さい。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

著者紹介

横山光昭(よこやま みつあき)

家計再生コンサルタント。

株式会社マイエフピー代表取締役社長。家計の借金、ローンを中心に、盲点を探りながら抜本的解決、確実な再生をめざす。

個別の相談・指導では独自の貯金プログラムを活かし、リバウンドのない再生と飛躍を実現し、これまで10.000人以上の赤字家計を再生した。

業界でも異端児的活動で、各種メディアへの執筆・講演等も多数。

独自の貯金法などを紹介した「年収200万円からの貯金生活宣言」(ディスカヴァー・トゥエンティワン)や「貯められる人は、超シンプル」(大和書房)など著書も多数。

NHK、TBS、フジTVなどへの出演も多数で、雑誌、新聞、ラジオでも活躍している。日本経済新聞社のWebサイトで連載を公開中。

全国の読者や依頼者から共感や応援の声が集まる、庶民派ファイナンシャルプランナー。「株式会社マイエフピー」

http://www.myfp.jp/

 この記事は「はじめての人のための3000円投資生活」をもとに書いています。

記事中の画像はフリー画像を使用しています。